スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溜めて終わらないで発散すること 

溜めて終わらないで発散すること
です。


ストレスや怒りのことについてです。

抑圧することって、結構重症だという
ことを改めて感じました。


アダルトチルドレンからの回復に
おいても大事なところですね。

むしろ怒りを溜める習慣が
回復のステップを踏むことを
遅らせているぐらいかもです。


だからといって発散することが癖に
なっているような状態もいけません
よ^^

心に溜め込みがちな場合な人
向けかもしれないですね。


自分の限界を認めるとかも
怒りをつい出してしまう
とか、まずは吐き出せて
からしっくり感じること
もあるのかもしれません。


実際
発散しなさすぎたというのが
あります。


ちょっと壁に穴を空けようと
もしました。


あまりにも発散してなさすぎたので、
少しスッキリです。


自分のステップも進みやすく
なりそうです^^b


もうすでに怒りを出している
人は、逆に落ち着いてステップを
踏んでいきましょう。


発見は、怒りを出そうとすると、
特に壁を叩いたり、

そうしたときの、後からすぐに
罵声が飛んでくるような、拳や
物が飛んでくるような恐怖感が
すごくありました。


怒りを示して、正常になるかも
しれないチャンスを活かせなかった
んだなとも思います。


ここまでの罪悪感と言うか
やりづらさも自分の健康を
害するなと思います。


もちろん犯罪助長の意図は
ありません。


これから発散しまくるわけでも
ないですが、人にはいいにくいですが
ちょっとは発散するようにもしていこうと
思います。


法的リスクの少ない方法で発散も
すべきだと思いました。

テキトーにあしらわれたら、同じくらい
それとなくテキトーにあしらい返すとか。

自分の家の壁を叩くとか、穴を
空けるとか、自分の家でなく、
アパートなら、サンドバッグの類や
自分の家具に当たるとか


買えるものだと、パンチグッズ
というところでしょうか。

後は自然の多いところに
いって自然に当たる。


条例とか、決まりとか
それはそれでいいんだけど、
それもありすぎると怒りの
抑圧になりすぎるなと
思いました。


あまりにも
ストレートに発散できる機会が
すごく少なくなっている気がする。

そういう場も分けてあればいいのに。


ちょっと検索で探してみても、
気持ちを切り替えるとか、癒しとかは
載っていても、
物をあまり迷惑かけることなく
壊す方法とか場所とか載ってない
ものだなぁ。


ストレスの発散できる場所とは
どこだろう?


ストレス発散ですらいちいちお金が
かかるようになっている気がする。


結構、どうしようもなくストレスが
溜まったときに発散する場所とかを
用意するのってすごく難しんじゃ
ないか。


特に物にあたるとか壊すといったシンプルな
方法が。


少し本を読んだりしてみて
いいなと思ったのが、新聞紙を
丸めて(できれば自分の)家具を
思い切り叩くことです。


他にも良い方法があったら知りたいです。


それにしても・・・
リスクのない暴れたり暴力系の
ストレス解消グッズを探すと、
グッズとか発散される方が
受け流すのが上手いような
気もする。

のれんに腕押しみたいな。



それもあるから、多くの人は、
知恵を絞ってストレス発散の
方法を考えるのかなと思った。


一見正しくて、でも考えてみると
おかしい。


だけど一見正しいから反撃されにくい。


この辺も、ゲームを仕掛けてしまう
補助的な要因なのかもしれない
ですね。

弱そうな人を叱りとばすとかもそう
ですね。

正論で丸め込むとか。


周りに迷惑をかけるんじゃないかとか、
反撃が、怒られたり、といった想像での
恐怖を取り払って怒りを発散したり出せる
ようになるのも重要だと思います。


もしかすると、回復する前に取り組んで
取り戻しておいた方がいいことなのかも
しれません。


過去の傷ついたポイントに↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

自分の満足にフォーカスした
目標達成方法↓↓

引き寄せの法則の活用法


心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>溜めて終わらないで発散すること

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/114-6de3c9d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。