スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抑制型の脳が陥りやすい罠 

抑制型の脳が陥りやすい罠です^^



自分の良さを取り戻したり、
過去の傷から回復したり
ということで、一応流れって
ものはありますが、今回は
その流れで、気をつけないと
かえって状態が悪くなるかも
しれないポイントについて
取り上げます。

抑制型の脳については、ここでは、
自分の気持ちが出せない。


出したい衝動が生じても、頭の
中でIPが押さえつけるという
イメージでいいです。


回復の最初に取り組みたいこと
なのですが、


まずは、怒りを出すように、感じるように
していくことです。


多くの人がそれなりに怒りを感じていて、
それなりに出せているから注目されないところ
かもしれないですが、この部分です。


しっかりと怒りを感じて何らかの形で
発散できるようにしておくのが大事です。

まずは怒りを感じて表現できるようになる。


もちろん過去を振り返ることでも、相乗効果
として少しずつ伸びていくとは思います。


でも、振り返ってお祈りだけでは、どうしても
出し切れない膿もあるし、出さずにいくわけにも
行かない部分もあります^^


ええかっこしいだけで、良くはなっていけない
というのが事実でもあるなと思います。


ええかっこしいを強迫的に自分を抑えつけてまで
いつもいつも自分なりにしてきたことが辛かった
わけでもあるんですけどね^^;


怒りを出せるようになったままで止まっていると
それはそれで感情に翻弄されていることに
なりますから、その先も見越していきましょう。



自分のドロドロした部分を出さずに、出せずに
綺麗事を思い込もうとしても、逆に自分の
内面がどんどん歪んでいきます。



何か外向けの仮面と自分があまりにも
かけ離れている感じがどんどん進行
していきます。



これが抑制型の脳の人が陥りやすい
罠みたいですね。



怒りや悲しみを感じて出すことがすごく大事、
でも何か気がひけるというか、悪い気がして、
それでも何とかならないかと綺麗なところ
だけに走ってしまうという罠です。



僕もそうなのですが、自分の感情、気持ちを
出そうとすると、過去が蘇るというか、
何か不満を言ったときに、バカにされる
いじめられる、つるし上げられる、もっと
ひどい目にあったなどの記憶やそんな怖いから
避難したい衝動に襲われます。


そして、摩擦を避ける、感情を出さないで
何でも我慢してしまう。更にその姿を
見て大人だなどますます現状に即さない
意見が入ってちぐはぐな行動が強化される
の繰り返しでした。


弱みになったり利用されると思っていて、
見捨てられ不安が強くて、他の人の愚痴も
言えずに、親に面と向かって悪態もつけず
にいて、やっぱ心に膿が溜まってたんだなと
思います。


それでもどこかに体の感覚が残っていたというか、
体が教えてくれるんですね。何とも言えない怒りや
辛さ、疲れ、空虚感となって。


最初から、人は話せばわかるという信念を
基本的に持てている人はやはり羨ましいです。


ちょっと嫌というだけでも、抗議するだけでも
殴られたり重症を負わされるんじゃないかと
いう自分の中の思い込みで作った恐怖と戦っていました。


その姿を見て周りの人が不可解に思われて、
おそらく抑制型ではないからだと思うのですが、
ますます孤立感を感じてしまいました。


この、自分の内面の激しい葛藤から生じる
身体的な症状も隠さないといけないの
かなって。


実際に見捨てたりするグループではあったんですが、
殴られたりすることもなく、いざ実際に見捨てられても
そんなもんかと思うくらいでした。


そうでない場合にも、溜めに溜めて、怒りを
爆発させて、自分から心理ゲームをして、
切り捨てそうになった
こともありました。


これって自分の脚本ぽいな~と思います。

同じことになるべくならないように意識してます。


周りの人からは大きな変化には見えないかも
しれない。でも自分の中の抑圧に少しでも
抵抗できて勝てたことが自分にとって
しっくりくる満足感や達成感に繋がる
のかなと思っています。


感情が出せてから、ついいけないと思って
いてもやってしまえるようになっていくことも
深くスタート地点を踏むことになるのかなと
思います。


過去の振り返りも、12のステップも
もちろんいいですが、

まずは、
怒りそびれ、泣きそびれを取り戻しても
いきましょう^^b


自分のえげつない部分をどんどん出して
いいんです。スッキリしていいんです。
犯罪にならない程度に出していきましょう。

もちろん言いたいことは
犯罪助長ではありませんからね。


その変わり、成長しましょう。


逆に言えば、以前は、周りにはいはい、
この仮面見せればいいんでしょ。
と嫌々ながらにやっていて。

その代わり成長なんてしてやんね~
と思っていました。


自分としては、ちゃんと膿を出せる、
代わりに成長する方がいいなって気は
しています。



過去の傷ついたポイントに↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

自分の満足にフォーカスした
目標達成方法↓↓

引き寄せの法則の活用法


心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>抑制型の脳が陥りやすい罠

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/116-198b72e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。