スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗜癖行動にのめり込んでしまった時は 

嗜癖行動にのめり込んでしまった時は
どうしたいいか、どう考えたらいいか
を考えます^^

僕がしてしまったこと。


あまり声を大きくして言えることでは
ないですが、パソコンの前で、時間があれば
5~6時間以上、寝もせずに、あるジャンル
のサイトを巡回していました。



衝動買い、仕事や作業中毒、そして
また一つの嗜癖です。
病的な癖、のめり込み、熱中です。



数年前からパターン化しつつあって、
そのパターンが最近になって出てきて、
以前はわれに返ったときに、
せっかくの時間をこんな無駄なことに
使うなんて、(自分は)何やってんだろ。


と、戻らない時間を嘆いて、自己評価を
下げていました。



今回あたりから、まぁ歓迎はしないけど、
あり得ることだし、過ぎたことは考えない
ようにしてみるかと自然に結構思えてた
ように感じます。


それで、思ったことを記事にしようと
思いました。



今日の記事で対象となるのは、

買い物だったり、ゲームだったり、
ちょっと異常に思えるレベルでの
のめり込みをしてしまったときに
ついてです。


命の危険が関わってそれどころじゃない
可能性もありますが、

もちろん、アルコールを飲みすぎて
しまった場合や薬物を使用しすぎた
後の気持ちや感情にも役立つのでは
ないかとも思います。


のめり込む系統で、後になって、ふと我に
返って、何やってんだろう自分・・・

て自分で自分を責めてるときの気持ち
に的を絞ります。



今回の嗜癖的な行動も、

やってしまったなぁと、
何でやってしまったんだろう、
意味もないことを、本当に自分カス
かもしれない。

そんな声が脳裏によぎりました。


アルコール依存症や各種依存症を
病気と見る見方は僕にとってすごく
役立つので、取り入れさせてもらって
います。


病気という見方で見ると、自分で
やってしまったことも、嬉しくはないけど、
症状が出ちゃったなという感じに
思います。


別の見方をすると、症状を発していて、
今より自分を責めていた頃は・・・

学校なり、関わる集団の人間関係の中で、
会話一つとっても、
本音と建前が入り交じっていて、
かつ自己評価のめちゃ低い自分は、
会話についていけてもいませんでした。



そのこともすごく悩んで、自分を責めて、
それでもどうにもならなくて、また自分を
責めてで不毛な状態で、それでも
何も希望がないように見える状態でも、
体や感情をマヒさせてでも、何とか
家に帰る気力なり、パソコンに詳しく
なる気持ちを与えてくれていたのは、
今悩んでいる嗜癖行動です。



思い返すと、それがあったから
なんだかんだ、不恰好ながらも
生きてもこれたんだと
思います。



こうも思うと、のめり込みは、
今では嬉しくはないけど、
かといって今まですごく自分を
守ってきたものなので、責めたり、
なくそうとしたり、消したりする
関わり方をしてたのは何でだろう
と思いました。



やってしまったことを、
今までなら、なんでやったのか、
そんな自分はやっぱ駄目なんじゃ
ないかとか、本当にどうしようも
ないのかもと実感して自分を
罰していました。


風邪を引いたときに、鼻水が出たり、
熱が出ることに対して、鼻水や
熱が出るなんて、自分はなんて
不甲斐ないんだ。


駄目だなぁ、生きてる価値が
ない、と思うことはまずないですよね。


ある場合も稀にあるかもしれない
ですが、ここは思わないとして
話を進めます。



病気の症状だと思いましょう。
やってしまうものは仕方がない、
今まで同じようにやってきて
同じように駄目なら思考パターンを
変えてみていくんです。



嗜癖してしまうこと、のめり込んで
しまうことで良しとするわけでは
ないですが、病気の症状だと思って、
これもあり得ることとして、自分を
罰するパターンを止めるって方向で
行こうと思います。



つい自分を責める、罰してしまう。そんな
自分の心の毒出しにも通じます↓↓

心のデトックス(毒出し)マニュアル


心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>嗜癖行動にのめり込んでしまった時は

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

俊太さん、いつもコメントありがとうございます。俊太さんのコメントは、しっかり受け止めさせて頂いています。^^
誰でも大なり小なり嗜癖的な行動ってありますね。
私も人には言えないですがありますね^^;これもひとつの病気です。^^一生付き合っていきそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/140-2fde5f68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。