スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠されていた感情 

隠されていた感情についてです。


自分の中の隠されていた感情について、

それは、怒りでした。

出してくて、表現したくても出せなかったもの。


リスクを感じさせて、
自分を怯えさせて出させないように
していたもの、それが怒りでした。


自分でフォーカシング、インナーチャイルド
ワークをしていてもどこか他人ごとの
ように感じて、実はどす黒く確かにあったもの、
それが怒りです。


怒りがしっくりきます。


怒りを覆っていたものは、
覆っていたものは、不信感、不安、
特に恐怖心でした。



カウンセリングを受けたり、レイキ
や石の力も一応は数に入れながら、
それまでにすごく強かった恐怖心や不安を
見ていって、やわらいできたら、今度は
怒りが出てきました。



やはり怒りが眠っていたんだなと
思いますね。




近所の子どもがうるさいこと。
近所での駐車を巡って。
バイト先での客の態度。

ふとした一言。

広く言うと、心のない、心の通っていない
体験の数々がイライラで反応する材料です。




そんな小さな積み重ねでも、
爆発して、その後のことなんて
どうでもいいように考えられる
状態に近いです。


ちょっとした火花があれば着火
するかのような状態です。


今でも躊躇は大きいですが、

リスクを考えて、下手に我慢して
自分を押し殺すことの方が地獄
だと思える気持ちの方が強くなりました。


恐怖心もまだもちろんあるけど、
怒りが大分優勢になりつつあります。



良くないのだろうけど、この時期は
しばらくは続きそうです。



怒りと向き合い処理する↓↓


アダルトチルドレンセルフスタディキット


幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための 心のデトックスマニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>隠されていた感情

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/165-5005f492

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。