スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流分析とエニアグラムとの関連その1 

交流分析とエニアグラムとの関連その1
です。


読んでみると、関連が部分部分関連の
見えるところがありました。


子ども時代に受け取った主な否定的な
メッセージ、してそうな決断。

そしてどのようなストレスに弱いのか、
ストレス下ではどうしやすいのか、
またどのような強みがあるのかなど。


第一弾は自分(俊太)のタイプについて
交流分析と似通っている点を
考えていきます。

僕の、

メインの人格適応タイプがスキゾイド型


エニアグラムでのタイプはタイプ4の
個性的な人


埋没して、自分のアイデンティティがなく
なるのを恐れてひきこもる。

夢見がちだというところ。

良く言えば内的資源が豊富であるという
部分で共通点があります。


似通っているところでは、
自分がわけわかんなくなる方向として、

人に過剰に尽くして注意を引こうという
受動的行動をしたり、空想だけで直接
行動を起こさないところ。

タイプ2のように人に注目を期待して
助けようとするところが分裂の方向
というところで共通しています。


心に折り合いがつく、つまり統合の方向で、

人格適応でのスキゾイド型は自分の力を
取り戻す。自分の考えている思考を
空想で終わらさずに行動に移していくこと。

何か問題が起こったときはひきこもって
いるよりは積極的に行動をおこして
いくこと。


エニアグラムでの
タイプ4はタイプ1の改革する人の、
客観的な視点を身につけること。
価値有ることに携わろうと現実に
かかわること。


なるほどと思ったのが、
自分を後回しにして
人の世話で人に繋がるのでなく、

自分を大事にして、自分が価値ある
と思う事に取り組むことで、自然に
そこに人がいて繋がっていくという
ところでした。


似ている部分について良くしていこうと
するやり方とかって似ているものだな
と思いました。

参考にしたエニアグラムの本です↓↓

エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)

こちら、おなじみ人格適応論の本です↓↓

交流分析による人格適応論―人間理解のための実践的ガイドブック



アダルトチルドレンの分野で行くとその
強敵は家族であることが多いでしょう↓↓

アダルトチルドレンセルフスタディキット


こちらも参考にどうぞ↓↓

幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための 心のデトックスマニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>交流分析とエニアグラムとの関連その1

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/178-0f773c7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。