スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西尾和美のアダルトチルドレン癒しのワークブックの実践4 

西尾和美のアダルトチルドレン癒しのワークブックの実践4
についてです。


参考になり日々の生活で意識され
活きている部分の紹介です。


今回は怒りについてです。


この怒りについてなんの導きもなく
抑えつけてしまったり、怒りの感情の
なすがままになってしまったりと、
上手く付き合う方法を学んでこれなか
ったのではないでしょうか?

では怒りについてですね。


これまで・・・
全く怒れないか、プッツンしてもう
どうでもよくなってしまうという
両極端な自分がいました。



それまでは、
なんていうかバランスの良い、
グレーゾーンと言うか、アサーティブ
な範囲の怒りというのを知らなかった
です。


それにそういったものについて書かれたものが
ないし、不安だし確信ない気持ちで
いっぱいでした。


だけど、怒りの伝え方を知ると、
実際にキレるか我慢するかの
両極端よりは楽です。


西尾和美のアダルトチルドレンセルフスタディキット 癒しのワークブック



怒りの適切な表現をする際には、
それが慣れてないということも
あったし、言ったら危険かなと感じる
のもあってなかなか難しくもありました。


特にもし、ちゃんと言っても駄目だったら
もう希望がないなんて思いこみ、べき論も
考えの中に抱えていました。


こうした思い込みに対してどうしてみたら
いいかというのも助けになりました。


伝え方一つを取ったって、気に障る
言い方とそうでないものもあるので、
その違いを学べたのも大きかったです。


頭の中での思考にもその中で使う
言葉に変化があり、辛さは減り
ます。


怒りを感じた時の脱出の仕方や、
イライラした気持ちを抑える
のではなく静まるのを助ける
行動の数々も、こういった
方法があったんだという
発見でした。


怒りに対する自分の習慣が変わる
ことで辛さが減るということですね^^


怒りについてと怒りに繋がらないコミュニケーション↓↓

西尾和美のアダルトチルドレンセルフスタディキット 癒しのワークブック


心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>西尾和美のアダルトチルドレン癒しのワークブックの実践4

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/193-daf401bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。