スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中の弁護士と判事を育てよう 

自分の中の弁護士と判事を育てよう
です。


自分をいいふうに見られないとか、
自信がないとか、憂鬱で落ち込み
やすいとか、悲観的に考えやすい
ときに、冷静に判断したり、肯定的に
見たりする視点が少なかったりします。


その欠けてバランスを欠いているのが、
自分の中の弁護士と判事です。

自己評価の低い人や、自尊心が低い、
自信のない人に多くあてはまると
思うのですが・・・


心の中で・・・

まず、検事が強すぎる。


頭の中にも、自分のしたことを一方的に悪く
みて根拠のない罪悪感をでっち上げる検事は
いるものです。


そして自分は検事に押し切られて、自分から、
自分が悪いんだと言うようになってしまう。



批判は批判で必要ですが、やりすぎると、
まるで悪徳な取り調べが頭の中で行われて
いるようなものです。


更には日常、常に検察に見張られている
ようなものだったりします。

自分の内面にも、外の世界にも批判的
なので、強すぎると大変です。



弁護士を育てることで、

・自分のしたことについて肯定的に受け取れる。
・気分が良くなる
・良い結果が出て良いことをしたと思える。

など肯定的な材料にアンテナを貼ることが
できるし、いい方向に行くというふうに
考え方や思考、感じ方を変えるきっかけに
なります。


少なくとも
判事がいれば、

・そもそも検事の言い分しかないし

・検事の言い分に論理の飛躍がかなり
目立つ。

・検事の言い分には科学的根拠みたいなのが
まるでない


というようにツッコミをいれて
ある程度検事の暴走を押さえることにも
なります。


アダルトチルドレンの分野で行くとその
強敵は家族であることが多いでしょう↓↓

アダルトチルドレンセルフスタディキット


こちらも参考にどうぞ↓↓

幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための 心のデトックスマニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>自分の中の弁護士と判事を育てよう

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/214-23dbb97a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。