スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情的決めつけ 

感情的決めつけについてです。


感情は感情として、目の前の
状況や自分の置かれている
長期的な状況での判断基準と
して参考になります。


でも、一つ注意が必要なことも
あります。

時と場合によりますが


憂鬱に感じるから、気が進まない
から何もしないでおこう、やらない
でおこう、それがベストだというのも、
必ずしもそうではないということです。


おそらく、ある時期はそれが上手く働いて
いた場面が多かったとは思いますが、
人生一般にまでそうした判断を
広げているとそれはあまり役に立たない
古い戦略でないかと思うことが結構
あったりします。


例えば、
自分が役に立ってないような感情に
襲われたからといってそれすなわち
自分が役に立たないをいう事実なのか
どうかという話です。


それでうずくまってしまって、感情を
正当化するかのような行動をして、
実際にその状況に遭いやすくして、
それで感情=事実だなんて思ったりして
しまう。


なんていうか、順番というか、からくり
が逆というか・・・なんか違和感がありますね。
感情からそのときの部分的な事実までいくつも
ステップがあるのに、それに気がつかない場合
だったり・・・


つまり、
感情=事実とは限らないことも
また事実なのですね。


自分の体の声を聴く、感情に
気がつくことはもちろんとても
大事です。


ですが、感情=事実であるかの
ような決めつけは、意外と
短絡的でもったいなかったり
もします。


ネガティブな感情になったから
状況も悪いものだとして、その
判断で行動して損をすることも
多々あります。


なかなか兼ね合いの難しい
ところだとは思います。


ここで一つの目安としては、
感情に対応して、悪いことが
あったと思ったときに、その
同じようなパターンは3回以上
繰り返しているかどうかを判断の
材料にすることです。


他には、後になって、お腹も満たし、
疲れもとって、寝て、イライラして
ない冷静なときに吟味をしてみること。


そしてもう一つは、感情と事実が
違うのかわからないとして、それでも
自分はどうしたいのかということに
焦点をあてることです。


感情に気がついて出せるように
なってからの第二段階に考えて
みてください。


そして時折このことも
思い出してみてください。


アダルトチルドレンの分野で行くとその
強敵は家族であることが多いでしょう↓↓

アダルトチルドレンセルフスタディキット


こちらも参考にどうぞ↓↓

幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための 心のデトックスマニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>自分で”結論づける”

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/216-5785564d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。