スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周囲の無理解と一人で背負い込むこと 

周囲の無理解と一人で背負い込むこと
についてです。


個人のレベルでも大変つらいことですし、
状況としても混乱を招きやすい兆候
ですね。


自分だけが理不尽な目に遭っている
と本人がそう信じ込んでしまう
ことで、周りと自分が違うという
感覚。


同じ人間ではないという感覚。
それらと怒りと恨み、閉塞感
が混ざると状況としては
危ないです。

孤立していると思いこみやすい
気質という部分もありますし、
誰かが誰かを孤立させようと
意図している場合もあります。


もちろん、孤立しようという
気がなくても、頑張ってても
孤立してしまうこともあります。


車で言う、事故に遭おうと思って
ないけど、事故は起こってしまう
というような場合もあります。


とりあえず、意識して気をつけたい
ことは・・・


・こうあるべきといった考えを他人にも
強要すること。


・偏見、独断、レッテル張り


・常識、当たり前、自己責任、甘えなどで
非難する。


といったことですね。



こういったものを恐れて
周囲の無理解からくる反応、リスクを
恐れてますます助けを求めれない
という心境もあるのは確か。


戦略を考えてもいい場合もあるが、
その人にとって、表面的には
いいかも知れないですが、内面の
根本的な辛さは変わらないの
かもしれません。




アダルトチルドレンの分野で行くとその
強敵は家族であることが多いでしょう↓↓

アダルトチルドレンセルフスタディキット


こちらも参考にどうぞ↓↓

幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための 心のデトックスマニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>自分の中の弁護士と判事を育てよう

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/219-b4568430

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。