スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共依存とは 

共依存とは・・・です^^

共依存とは、ある人間関係に囚われ、身動きのできない状態
のことを指します。


例としては、いじめの関係。

依存症者とその家族の関係です。

または、家庭内暴力(DV)の関係にあり、
抜け出せない夫婦などです。


いじめだと、いじめる側は自分の感情の洪水を吐き出すことに
依存しているし、いじめられる側は俺はこんなに我慢している、
辛い中頑張っているという酔いというか自分を守る思い込み
があります。


いつかこの人も変わって謝ってくれる、そのために俺はいるみたいな。
または、こんな嫌われ者の相手をできるのは俺くらいさとか。
変に絶対に負けるもんか、泣くもんかという途方もない努力に
なったりという気持ちです。


依存症者とその家族は、依存症者は家族に生活などを依存してますし
、家族の側はその依存症者を助けている自分たちは、依存症者
よりはマシだと、助けていることに生きがいを見出したりです。


第三者に、それはおかしいと言う人が少なく、
そんな世話をするなんてえらいねぇ、
そんな目に遭ってまで耐えるなんて強いねぇ


問題があるように捉えることが少ないことも
問題です。


交流分析(TA)的には犠牲者、迫害者、救済者
のゲームでの三角関係にめちゃとらわれている
状態ですね。


共依存の特徴として次のようなものが顕著です。

共依存について
共依存って何?アスクヒューマンケア


・相手にnoと言えない。
・自己が確立していない
・罪の意識にとらわれる
・何か身の回りに危険が起こるような人間関係を築きがちである
・他人との境界線がはっきりしない
・依存心が強く一人でやっていけるという自身がない。
・他人の感情や行動をコントロールしようとする

こういったものが、たまにでなく、ほぼ常にある状態です。


また、共依存は、
自分自身に責任を持ち、自分を大事にしつつ時には相手を助けたり、
相手に助けられたりする相互依存とは違います。


一言で言うと、ギブアンドテイクのバランスがあまりにも悪いとき
なども共依存を考える指標になるのではないでしょうか^^


こういった共依存についてはそれについて責めているわけでは
なく、心の底で苦痛と感じているなら、やはりおかしい部分が
多く。


健全な関係の作り方に進んでいくこともできますよということです^^


共依存を知り振り返る↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>強化記憶について

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/28-4628a61d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。