スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルト療法:交流分析の周辺 

ゲシュタルト療法:交流分析の周辺です。


交流分析の派閥(といっても争いはなく、
単に分類のようなもので、各派の
ことを学ぶのが望ましい)
の一つに再決断派というのがあります。


幼い頃の状態に戻って、もう一度決断しなおす
療法をする派です。


派閥いうと、争うというイメージが湧きがちですが、
そのようなものはナンセンスで、癒しの助けになるなら
どの方法でも使うという姿勢です^^b

再決断派が用いるのが、ゲシュタルト療法です。


ゲシュタルトとは、全体とか全体性という
意味のドイツ語から来ています。


ここでいう全体性の意味は、
単に患者の言葉だけでなく
心の中や態度、表情、仕草も
含めた全てという意味です。


ゲシュタルト療法自身は、
主にフレデリック・パールズという
人が、精神分析とゲシュタルト心理学
を結びつけて創始された心理療法です。


こちらがゲシュタルトの祈りです。
ゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ
詩です。


”私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。”


この考え方というか、スピリットからは、ACからの
回復にも通づるもの、勇気づけてくれるものを
感じます^^b


それぞれが自律することの肯定。
しがみつかない生き方の心をも
思います。


交流分析との関係は、
交流分析が理論としたら、
ゲシュタルト療法はその実践に
あたります。


子ども時代や過去のトラウマと対決
する効果的な行動ややり方が、ゲシュタルト
療法で、何で、どのように、
子ども時代や過去のトラウマ
が今の自分に影響するのかを説明
するのが交流分析ですね^^


今までの伝統的な心理療法と違い、
過去を分析してなぜとか、何を
したかというのを聞くのではないです。


今、ここでの自分でもって、


サイコドラマや、いくつかの椅子を用意
してその椅子ごとに過去の出来事に関する
人物になって話してみたりします。


そうして、過去や未来を体験し、
今ここでの自分で気づきを得て行きます。


過去の場面ですと、


過去のトラウマとなる場面に戻り、
そこで今の自分の資源を使い
再び決断、再決断を行う
ことで変わっていけるという
ものです。


過去の小さいほんの子どものときは
無力だったとしても、今の自分なら
どうするか。


過去の場面に戻り、今ここでの
自分のしたい変革に基づいて
決断します。


いくつかの再決断を重ねていくに
つれて、


うつ病や強迫行動、恐怖症や、
悩みや苦しみ、恨みを感じ
そこで苦しむのではなく、
今ある楽しいこと、自分の
感情をポジティブに体験
することができるようになります。


ゲシュタルト療法とそのワークショップについて
参考になります↓↓

ゲシュタルト療法 ドリームセラピー アートセラピー ワークショップ


ワークショップ、グループに中々行けないという
場合に↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>ゲシュタルト療法:交流分析の周辺

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/36-86775aeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。