スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除外について 

自我状態の除外についてです^^

汚染があまりにもひどいと、除外が起こります。


自我状態を締め出すというか、その自我状態に
なれなくなってしまうんですね。


例えば、こうあるべきという思いが強く
なりすぎて、子どもっぽい時分なんて
みっともないとして、常に大人っぽく
振舞うようになったら、子どもの
除外が怒ります。


そうなると、楽しめない、感情を出せない
といった弊害が起こります。


また、子どもの柔軟な部分からの発想を
ひらめくということも困難になります。


一方で、規則だなんだの、今の自分が
こうなっているのは親や社会のせいだと
決め込んで規則とかは無視しようとなると
今度は親の除外が起こります。


規則や倫理的な記憶を使った解決、
親や先生、養育者がやったような
解決を再演するということが
難しくなります。


除外の仲間として、一貫して〇〇
だという状態もあります。

一貫して成人⇒機械人間
一貫して子ども⇒子ども
一貫して親⇒規則人間


という風に一つに自我状態にしか
なれないようになってしまいます。


どの自我状態にもそれぞれの良い部分が
あり、適した場面もあります。


そのいずれも自由に使えるようになることが
望ましい状態です。



固定されてしまった心に!
子どもになれなくなってしまったあなたに↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>除外について

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/67-1e072079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。