スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケッティアリング:ゲームじゃないけど苦痛な交流 

ラケッティアリング:ゲームじゃないけど苦痛について
です。


ゲームとも言い切れないけど、苦痛な交流はあります。

ラケッティアリングです。


これはゲームのうち、切り替えや混乱に
行かないもののことです。



例えば、

部下が上司に役に立たないとぐちぐち言う。
そして部下は機嫌悪くなりながらもただ
聞いている。


それが延々と長期間続くことです。


言われているうちに部下がキレたりしたら、
ゲームに発展します。


お互いの悪口をそれとなく伝える鞘当ての好きな
グループに延々と交流を続けたりもそうでしょう。


母親が家で父親の悪口を延々と言って、それを
息子が黙って聞いているのも例の一つでしょう。


あとは、仲間内にしたくもない話に身の上話に
巻き込まれて、からかわれて嫌な気分で別れて
帰るとかもラケッティアリングですね^^;;;


あ~もうイライラして嫌になるから付き合って
らんないよっていう交流ですね。


ストレスが貯まるというか、ラケット感情を
感じて貯めることでスタンプが貯まるので、
ゲーム同様気付き次第避けるのがよいかと
思います。



ラケッティアリングしている相手は、変わることも
まして謝る可能性もかなり低いから、ACにありがちな
謝るべきだし、謝るものだろうとしがみ着くのも
勧められません。


ラケッティアリングの多い危険な人間関係とは?!↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>ラケッティアリング:ゲームじゃないけど苦痛

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/70-064e7864

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。