スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越えられない壁の正体 

越えられない壁の正体についてです。


越えられない壁なんてそうそうあるものでは
ないのですが、日常の場面で良く聞いたり
意識してしまう部分ではないでしょうか?


大統領になるとか、国王になるとかいう
難易度でない限りそうそうないです。


自分はすごく頑張っているのに、
苦労せずにスイスイ進んでいる
人がいる。


その何故だろうについて、交流分析
とACの知識から見てみます。

こうしたら人と親密になれるとか、
成功するというイメージを元に
CMとか見て、痩せたり、家具を
買ったり、着飾ったりしてみる
わけなんです。


一応・・・

メディアの批判ではありませんよ。


身につけようとすることを頑張って
みるんですね。


また、こういうときに笑顔を作って、
成功する人は感謝って言葉を良く使うな
と知って、心で感謝なんて思ってないのに
マネしてみる。


効果が出たりもしますが、長い目でみると、
どうも辛い。満足を得ている気がしない。


理想の家庭、理想の関係と、自分で外から集められる
だけ集められる情報を元にやってのけようとする。


だけど、上手くいかない。
そして何が足りないのか
わからない。


そこで、越えられない壁なんていう言葉に
思いが行くわけです。


足りないものの正体のうち挙げられるのが、


・健全な関係のモデルの学習の機会
・心の荷物(トラウマ、禁止令)にさよならすること


「普通」の人が当然知っていることを知らない
という状況。


そして何より、トラウマの影響から解放されていない
振る舞いが、自分の力を出せないだけでなく、
そのぎこちなさが周りにも伝わって上手くいかない。


こうしたことが原因かと思います。


原家族、学校、塾など、幼年期~少年期、
青年期に多くの時間を過ごす場所からの
影響です。


さあ過去は終わった。
今までのことはなかったことに
して生まれ変わるぞ、と
思っても困難なんですね><


トラウマを置いてきてしまっているから。
心の傷が癒されてないから。


どうしたって過去は着いてくる。

それも脳の内側、トカゲ脳とか言われる原始的な
脳の領域に染み付いているわけなんですね。


新しいことをするのは危険だ、
人を信じるのは危険だ。
自分を大事にするのは危険だ

といった思い込みが、

火に近づいたら危ないみたいなレベルで
自動的に染み付いてしまっているんですね。


何かをするときに、ストレス下で、トラブルが
起こったときに、小さい頃に嫌々決断せざるを
得なかったときの精神状態に戻り、同じことを
繰り返してしまいます。


何かストレスのかかる事態が終わると、
ふっと元の自分に戻って、あのときは
今の自分でなかったかのような感覚
はありませんか?


過去の傷は大事な場面で強い影響を
及ぼし続けます。


ある時、自分には知識やスキルがなかった
から駄目だったといって、色々探す時期も
あるかと思います。



でも、


自己啓発とか、資格とかスキルとか
成功しようとして身につけるものは
ローラースケートのようなものです。


脚に繋がれたトラウマの杭や鎖、
足かせをとることなしに、スケート
をつけても進めないわけなんですね。


鎖に繋がれたまま、それに気付かず努力を
した結果、見えない壁を感じてしまう。


一方で、トラウマがかなり少ない人は、縛り
つけられていないので、特に努力しなくても
自然にスイスイ行く。


言う言葉、する行動について学ぶのも
良いですが、どうしても時間がかかるし、
踏み出せないというとき、トラウマに
よって反応してしまっていることが
多いと思います。



自分を棚上げしますが、

トラウマによるもので反応しているな
と人を見てわかる時があります。


選ぶ言葉、使う言葉一つとってもそれだけで、
その人がどういう人か、どういう個性化という
ことが、トラウマに関しては推測できます。


本人はよかれと思っていて、でも周りから見たら
そのよかれと思った行動が敬遠の原因になっている。


だからといって、トラウマの影響が強くて、不適切な
行動をする人を責めはしません。


その人だけのせいでもなかったのですから。


これからできることは、トラウマ、禁止令に気づいて
出来る限り薄めること。

そして健全な人間関係のモデルを知ることです。


このブログの視点からは、

これが越えられない壁と言われるものを
乗り越える方法として提示します。


トラウマの回復に↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>越えられない壁の正体

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/71-10503472

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。