スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[AC][PA][ひきこもり]社会に出る時の困難について 

[AC][ひきこもり]社会に出る時の認知上の困難について
です。


AC(アダルトチルドレン)とPA(人格適応)
を踏まえて社会に出る時の困難に
ついて書いていきます。


この部分にはひきこもりも関連してくると
思います。

困難とは、主に、


社会に合う価値観にシフトすること
です。


そこそこ機能している集団に触れていた
場合は、それほど差異や、社会生活に
移行する困難は少ないと思われます。


問題は、機能不全な家族、コミュニケーション
に囲まれていた場合です。


その場合、いわゆる社会に適応しやすい
考え方や在り方にものすごく慣れていません><


どれくらい慣れないかというと、


今までジャングルで暮らしていた人に
近代化した都市で暮らすのを強要する
ようなものです。


ジャングルで暮らしていたから都市の
ルールはわからないけれど、もう暗黙
のうちに知っていることにされている。


そんな感じかなと。


それだけ、原家族でのサバイバルと、
一般社会に出てからの生き方には
差があります。


ACの概念を踏まえて、ひきこもりに
ついても考えますが、


いざ社会にでる時になって、
価値観や信念の大幅な軌道修正が
必要である場合に困難を伴います。



たとえ歪んでいたとしても、
家の中やそれまでの学校での生活
で生き延びるのに適していた脚本
や心の癖が社会に出てからは有効で
なくなること。



苦労の末に、社会から見て不適応でも
身につけた、原家族や学校での適応が
否定されたり軽んじられたり、すぐに
修正しよと要請される。


これは容易なことではない。


自分を守るために身につけた適応を
身につけた背景には、すごい苦労が
あると思います。


本当に苦労してきたのに、周りから、
きっと必要な苦労をしてきてないから
そんな不適応なんだ、どれ俺が鍛えて
やろう(ニヤ)なんて心のない言葉を
浴びるという理不尽さもあるかと思います。


そんな二次被害もあると思います。


社会に出る際に、自分もですが、このような
困難があると感じています。



これまでの生活の影響から抱えた困難に
心の面で役に立つかと思います↓↓


西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



心のデトックス(毒出し)マニュアル



心系で参加しています↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>[AC][PA][ひきこもり]社会に出る時の困難について

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/74-d535623a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。