スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカウントの具体例2:状況によるもの 

ディスカウントの具体例2です^^


僕が体験した、僕から見て
感じたことですが、ディスカウント
の具体例について書いてきます。

■機械的、事務的なディスカウント


意図したわけではないけど、
起こるものとして、例えば


どちらもその人にとっては
ちゃんとしたとして、


・センター試験などでマークした
ところが間違っていた(ストローク)


・マークしたけど、マークしたことが
認知されていない(値引き)


ニュアンス的にはこういう感じです。



特に傷つけたい意図が
メインではないと思いますが、
何かを申請したときに、
その原因がわからなくて
拒絶される。


日常的にありすぎて逆にわからない
ですが、ディスカウントです^^


人対人だけでなく、書類を使ったやり取り
やウェブを使ったやり取りでも注意です。


自分がしたことに対して、
何も返ってこないこと。


そのしたことがいいのか悪いのかも
わからない状況。


返ってきても、自分への本当の意味での
関心が欠如していること。


何か申請して、こういった理由で
駄目な可能性があります。
と誰にでもあてはまりそうな項目を
散りばめただけのメールが返ってきて、
結局どこをどうしたらいいか
わからない場合。


webでの入社試験とか、ニュースで
ありました。


問題の出来でなく、個人情報
の入力の不備で全て弾かれる
といったこととか・・・


必死で考えて解答したけど、
機械的なメールで、形式的に
処理される。


あまりに効率重視で、人の気持ちが
見えてないから、替え玉なんてお返し
をされるのかなとも思いました。


結果を変えろということではなく、
そのプロセスについてはディスカウント
です。


当事者にとっては、
存在を軽く扱われたような
感じがするでしょう。



客観的に見たらどちらが悪いとか
なるんでしょうが、その人の視点に
立つと、


こうした事態に、自動的に反応して
頭に血が登ることがよくあります。


なんでこんなにイライラするんだろう
・・・

つきつめると、

それは、自分にとっては、その出来事で、
自分の存在を軽く扱われたから、イライラ
するんだなとわかりました。


これがわかってきただけでも、結果は変わらない
けど、心の状態としてはすごい違いだと
思います。


そういうものだから、システムが
そうなっているからという、
いわゆる正論は、それとして。


なぜか腹が立つというのも、
これだけ値引きする出来事に
日常的に囲まれていたら

自分が悪いということも
思ったほど少ないのでは
ないかと思います。


少なくとも、怒りや違和感を感じたり
することは間違っていないです。


自分に値引きではなくしっかりストロークする↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>ディスカウントの具体例2:状況によるもの

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

いつもながら今回、前回の記事も
かなり勉強になりました!
似顔絵が変わっていて、ちょっとビックリしました(^^ゞ
それではまた♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/90-e4a4a909

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。