スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカウントの具体例その1:本音を聞こうとしない 

ディスカウントの具体例その1:本音を聞こうとしない
です。

ディスカウント(値引き)は、本当の意味で
相手に関心を示さないということです。


自分によくあったのが、本音を言う事を
強要されて、言った時の反応が無視されたり
内容に関係なく否定されたりするパターン
でした。


必死で何かを言った後、「う~んよく聞こえなかった」
とか、「俊太は○○な人だからね~」とバッサリ
処理されることなどです。



言った時の反応を無視するパターンとして、


言いたくないけど本当に謝ったときに、
言い終わってから「聞こえませんでした」
と言われたりすることです。


また、本当に心からの行動を
取ったのに、その部分についても、
演技、パフォーマンスと言われること。


本人からしたら、

謝れ謝れと言われて、いざ本当に
謝ってみたら、言ったことすら聞いてない。

こんな仕打ちってあるかよ。

という感じです。



周りから見たら、聞こえなかったから
聞こえないって言っただけなのに
なんで泣く?!

「謎だ・・・」


そんな構図かなと思います。


脚本的というかゲームなのだな
とも思います。
聞いてない人に特にフォーカス
がいってしまうところは。


言ったことに対して、
反応すらしていない
ということです。


わざとではないと思いますが、
(だったら恐ろしい)
流れとしては値引きになってますね。


何気ない一言でこじれるという
のがこういうところにある気も
します。


客観的に見て普通でも、その
人の立場に立ってみると、見える
ものが違ってくる。

そう思います。


また、
どれが演技でどれが本物か、僕も含め
それを見分けられる人がどれくらい
いるのかということも疑問だし、
わからない状態で、何か言って不用意に
誰かを傷つけてしまうこともあるのだなと
思います。



一見正しそうなことに値引きは多いです。


アドバイスをする、正論を言う。
でも、それは本人がして欲しいと
思っていなければ、やってほしくない
ことをやってくる、存在を軽く扱われてる
と受け取ってしまうことがしばしばです。


ただ聞いて欲しいだけ、それなのに、
ただ聞くだけということがどうして
こうもないことか。



値引きで傷ついた心に↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット


心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>ディスカウントの具体例その1:本音を聞こうとしない

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/91-d530f705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。