スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカウントがもてはやされるメディア 

ディスカウントがもてはやされるメディア
です。

主にテレビでですね。
大勢の人が見るもの
ほどそうなっている
ように感じられます。


僕の個人的な見方ですが、
楽しいとされるバラエティが
実は一番危険度が高いなと。


それは特に・・・
いじるいじられるのやり取りです。

いじられキャラとされている人が
いじられたときに拍手や笑いが
起こったり、バカにすることが
意図的に奨励されている
感じがします。


あまりにも巧妙なディスカウントだと、
誰も気付けないで拍手すら起こらない
ですが^^;;


うがった見方かも知れないですが、

学歴が高い、コミュニケーションが
苦手というイメージの人が
ターゲットにされている気がします。


心のない言葉、態度で
傷つけても、その人はいじられキャラ
だからいいんですよって。


そういう人は、
ディスカウント(値引き)されても、
いいように扱われても構わない、
むしろ皆もそうしようみたいな。


その人を持ち上げるフリをして、
実はバカにしていたり。

興味のあるフリをしてその人の
繊細の部分を出すことを暗に強要
したり。


そんなやり取りを
真似するひともいるし、実際に周りに笑いが
起きる良いことだと信じきっている人もいます。


実際に日常に、
そんな雰囲気があるからなのか、
学歴隠しをする人を見かけますし、
僕自身言わないようにすること
も多々あります。


逆に言ったときの反応で、それから
の待遇の変り具合で、その関係の
危険度を測る良いツールになることも
あります。



いじられキャラのポジションを人に
固定させればいじめは正当化できる
というメッセージ性があるような
気がします。


そしてバカにすることが、
奨励される環境を作る
こと、さらにその当事者の
反論を値引きすることで、


事態の深刻さに向きあうことを
避けます。


いじめをしたにも関わらず、
ちょっとからかっただけだよ
と。


そんなに泣いたりするなんて
びっくりしたのはこっちだよ
と。


そう言う人を変えることは
究極的には出来ません。


また、

怒って挙げた声が奇声ネタとして
扱われたり・・・


怒りや反抗の現れを、コントのネタ
として描きすぎているのも
あるだろうし・・・


そうなってくると、
怒りを現す行動を本気で取り合わない
ようになる。


話しあって取り合えるレベルでの
怒りの表現であっても、取り合われない
ようになっていく・・・


そうして、

トラブルを起こしたり、事件を
起こさないと負のストロークさえ
もらえない事態になっている場合も
あります。


僕は過去に
実際にトラブルを起こして
試したりもしたし、本気に
なってくれてホッとしてる
自分も感じました。


ナイフを出さないと、銃で威嚇射撃を
しないと本気が伝わらない、場合に
よってはそこまできてしまうこと
にもなるのだと思います。



そう感じたら、それはまず抜け出すべき
最も危険な関係のうちの一つかも知れません。


周りからは危険と思われていないことが
多いとは思いますが^^;;


このブログでは、自分も他人も含め、
死んでわからせる、誰かが死ぬことでわからせる
ということを無駄な努力と定義させていただきます。


そうしたい気持ちを汲み取らないというわけでは
ないです。その行動について歓迎しないということ
です。


一番努力する点は、その関係から
逃げることです。


ディスカウントでなく、ストロークを
身につけましょう^^b↓↓

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

心に良い情報満載です↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


Add to Google
My Yahoo!に追加


交流分析とACの知識による癒しと勇気づけ:人生の再出発>>ディスカウントがもてはやされるメディア

              Copyright (C) 2010 Syunta, All rights reserved

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://succhange.blog61.fc2.com/tb.php/95-0823926f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。