スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな体の働きから-木をみて森をみるの理論- 

小さな体の働きから-木をみて森をみるの理論-
についてです。


ある小さなシステムでの出来事の大枠が
別の大きなシステムでも繰り返されたり
同じ構図があるという考え方です。

逆もまた然りです。

続きを読む

喧嘩するほど仲がいいの間違った使われ方 

喧嘩するほど仲がいいの間違った使われ方
についてです。


特にこの喧嘩について考えてきましょう。

続きを読む

仲が良いの罠 

仲が良いの罠についてです。


一見、仲がいいように
見えたり、仲がいいんだよな
と思ったりしても何か
違和感を感じたことは
ありませんか?

続きを読む

周囲の無理解と一人で背負い込むこと 

周囲の無理解と一人で背負い込むこと
についてです。


個人のレベルでも大変つらいことですし、
状況としても混乱を招きやすい兆候
ですね。


自分だけが理不尽な目に遭っている
と本人がそう信じ込んでしまう
ことで、周りと自分が違うという
感覚。


同じ人間ではないという感覚。
それらと怒りと恨み、閉塞感
が混ざると状況としては
危ないです。

続きを読む

解決の先延ばしの弊害 

解決の先延ばしの弊害についてです。


何気なく生活していて、僕たちが
やりがちなことに、解決しなきゃ
いけないと一部思いながらも、
解決するときの痛みがすごく
危険に感じて、

解決への行動を取らない、そして
先延ばししてどんどん問題を
ひどくしてしまうということを
やってしまいがちです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。